私に直接会う人は耳にタコができるほど聴かされていると思いますが、あえてここに記しておこうと思います。

私はこの事業を行う前に、その大切なことをたくさんの書物から学びました。
そのとても大切な学びにより、経験もない私がここまでこの事業を続けることができたのです。

長く読み継がれている書物には今を生きる、自分を生かし、生きるヒントが満載です。ただそれに従い生きてみる、そうやって素直に正直になることで多くの知恵を得ました。

 

私は10年前に英会話講師として起業し、現在私は有徳な経営者やリーダーを育てることを仕事にしています。

表だってしている仕事はおとなの学校Cü~くう~上級講座やお客様を大切に育てる起業・経営勉強会なので、育てている人はその勉強会を受講している生徒さんだと思われがちですが、まずは自社のスタッフを心豊かに、己を生かし生きるように育てることを必至に、それからおとなの学校の生徒さんでお子様をこどもの学校に通学されている方、そして勉強会や講座を受講している生徒さんを育てています。

ここでいう「育てる」とは気持ちを丁寧に伝えあい互いを知り合う、大切に関わるということであり、動物にエサをやり大きく育てるというような一方的な関わりではないということです。

話がずれましたが、今回このブログを読んでくださるあなたにお伝えしようとしているのは「誰と出会い、誰と過ごし、誰と生きるか」が「育つ」環境をつくる上でとても重要だということです。

確かに、誰とどう過ごしたとしても、そこには学びがあり、無駄はないと言えます。しかし、その学びさえ体験せずとも知ることができるとしたら、あなたはわざわざ遠回りをして、有限な時間を使いそれを学びたいと思いますか?

「はい」という方はぜひ長生きをしてください。いつか、望む未来にたどり着くかもしれません。
「いいえ」という方はここから私がお伝えすることをぜひ素直に実行してください。1年も経たないうちに、あなたに変化が訪れるでしょう。その変化はあなたの心が待ち望む方へあなたを導くでしょう。

つづく~