おはようございます。木曜日のコロたま言論担当  ゆってぃ です。

 

火曜日のコロたま経営や水曜日のコロたま生活文化と、
今年度のコロンブスの卵プロジェクトが次々と始まり、
「経営も生活文化もなんだか楽しそうにしてるなっ!負けてられねーぜっ!」と
勝手に闘志を燃やしている私が担当のコロたま言論も昨日いよいよスタートしました。

 

コロたま言論では、
感じていること、思っていることを言葉にし相手に伝える、
相手の言葉を言葉どおり聴くことを学びます。
具体的には言葉を使って戦ってみたり、裁判や企画会議、
プレゼンテーション等に挑戦していく予定です。

 

4月のテーマは【意見をはっきり伝える】
相手にはっきりと伝えるために、
自分の中のはっきりとした答えと理由を知ります。
「今日はワークシートに沿って好きと嫌いに仕分けをしてみよう!
そしてそれはどんな理由なのかまで考えてみようね。」

「一年生はまだ読めない字もあるかもしれないから、
上級生が手伝ってあげてね」と声かけしたのも束の間、
早速上級生が昨日入学式を終えたばかりの一年生達に
「ゆーくん、こっちにおいで」とか、
声には出さずともそっと隣に腰を下ろして
一緒にプリントを眺める姿に成長を感じて嬉しく、微笑ましくもありました。

みんなの答えと理由が出揃ったところでペアになってシェア&発表タイム。
お互いの答えと理由を聞きあってみると…あら?
しんちゃんとはるちゃん、同じネコが好きという答えだけど、
しんちゃんはネコはひっかくから好きなんだそうで、
はるちゃんはふわふわしているから好きなんだそう。
答えは一緒でも理由はそれぞれ違うってことがわかるね。

前に出て発表を終えた一年生のしんちゃんが
「緊張した~」なんて言ってたけど、
ハキハキと発表して緊張を感じさせないくらい堂々としていて誇らしかったです。

 

このように毎回発表の場を設け、
”なぜ”に気付くことや、人前で発表することに慣れることで、
企画会議やプレゼンテーションをテーマとしている頃には、
はっきりとした口調で堂々と自分の意見を発表するんだろうな~と、
3、4ヶ月後の妄想が止まない私なのでした。

▶︎次回の様子

放課後習い事コロンブスの卵プロジェクトは4月に無料体験月間を開催しています。
この機会にコロたまとはどの様な場なのか体験されませんか?