長い間自分以外のもにあこがれていた。
大きな大輪の花を咲かせたい私は、今の自分の姿を観たくなかった。

長い間発色のよい、香しい匂いを放つあの花にあこがれ続けた結果、
自分もあの花と同じなんだと思うようになった。

そして自分の本当の姿を失った。
成長 緑 芽
ある日、幼い少年が私を手に取り言った。

 

「小さい花がいっぱいでかわいいね」

 

その言葉が自分に向けられていることと知るのに少しの時間を費やした。

ああ、そうだった。私は小さな花をたくさんつけていた。
たくさんの昆虫たちを魅了する匂いは放たないけれど、それでも長く咲き続ける

それが私だ。

さっきまで憧れていた大きな大輪の花ははやくもその頭を下にさげ、
今にもこぼれそうで苦しそうに観えた。

そうか、私は「わたし」でいいんだ。というか、「わたし」にしかなれないんだ。
私に触れたとたん、私の目の前の景色は鮮やかになった。