こんにちは!コロたまこどものための起業・経営担当のだいすけです。

2/24(土)にCNEで「コロたまマッサージ店」がOPENしました。

コロたまkidsのマーケティングが功を奏したようで、たくさんのお客様が来店されました。

尻込むことなくゴリゴリマッサージしていきます。

そうしてコロたまマッサージは盛況に終わりました。

閉店後、売上金額を確認するとおかしなことが・・・

なんと、営業時間内には稼げないはずの売上があった子がいたのです。

どういうことかと言うと、

コロたまkidsは13:00〜14:00までの1時間、1回10分でマッサージを担当していました。

1回の料金は、1流価格の200円もしくは2流価格の150円です。なので、稼げる額は最高でも1200円なはず。

けれど、1番稼げた子で1450円稼いでいる子がいました。

これはおかしい。

ということで、緊急会議が行われました。

CNE代表理事あっこ先生の観方を広げる関わりを通して、

コロたまkidsは様々な事実が明らかになり、話しは余剰分の売上金をどうするかとうつりました。

たくさん稼いだ子ほど、

「自分が稼いだだけのお金を全部欲しい。手に入ったら嬉しい。」けれど「そう言ったら周りからは何か言われそうで心配。」という2つの気持ちの間で揺れ動いていました。

途中であっこ先生から引き継いだ僕は、僕の思う「こうした方がいいだろう」という思考から

「みんなが平等になるようにする」という結果で話しを終えました。

 

あとになって、

敢えて色々な事実が明らかになった状態で不平等に終わり、そこで湧き上がる気持ちを感じる機会にもできたなと知りました。背徳感と優越感を共に感じた先、平等とは何か、公平とは何かを問う機会にもなったのではないか?と思います。

講師として子どもたちの前に立つ責任の重さを改めて実感したイベントとなりました。

さて、今年度のコロたまも残すところあと3回となりました。

コロたま商店は、この1年の報告をする総会を3月末に開きます。

前回の様子👉放課後習い事火曜コロたま【こどものための起業・経営】異年齢活動の醍醐味

次回の様子👉放課後習い事火曜コロたま【こどものための起業・経営】いくらやった?