こんにちは!おとなの学校のまさこです。

今日のPLAY JAMはいつもの教室を飛び出し、さつまいもの苗植えでした。

今回お世話になるのは基山のともはぐ農園さん。

子どもたちとは数日前から、鹿児島から届いた苗に触れ、苗植えの話をしてこの日をとーっても楽しみにしていました。

畑につくと、ともはぐ農園の森山茜さんから子どもたちに話をしていただきました。

畑の入っていい所、苗の植え方、11月頃にサツマイモ掘りができること。

茜さんの話を真剣に聞いている子どもたち!

PLAY JAMでは聞く力、伝える力を育んでいます。普段の活動で聞く力がついてきているのを感じうれしくなりました。

枝でビニールの上から土に穴をあけ、苗を差し、土をかぶせます。

1歳の子から年長さんまで「ぼくも!わたしも!」とわくわくドキドキしながら初めて苗植えをする様子が微笑ましかった~!!

苗植えの後は昼食をとり、遊び場を見つけるこどもたち。

雨水がたまっている水路や草に覆われた広場。草が刈られた土手。

こどもたちは農園についたときからうずうずしていました。

バッタやカエルなどの虫などをつかまえたり、普段身近にない環境にわくわくして夢中になってどろんこになる子どもたち。

水にぬれて気持ち悪くても笑顔が絶えません(笑)。幸せ~!!

 

ともはぐ農園の茜さん、苗を提供していただいた吉村さん、ありがとうございました。

苗の成長や、収穫を体験する子どもたちを想像すると、今からとても楽しみです!