こんにちは。
コロたま担当のゆってぃです。

随分とブログ更新の間隔が空いてしまったけど
その間もコロたまでは、
こども達の≪伝えるチカラ・聴くチカラ≫を育むべく
がっつりと活動しておりました。

しかしまあ、【ミステリーツアー】なんてのを
計画していたからですね、保護者に内緒なんて企画もあって
ブログでネタバレしないようにしていたわけですよ(;’∀’)
なんて言い訳をしときます(笑)

 

 

お盆休み前に、
コロたまでは【ミステリーツアー】と称したサマーキャンプを行いました。
コロたま活動の一環であるこのキャンプ、
当然、コロたま旅行代理店を運営しているコロたまkidsが企画し、
お客様である保護者の方々に案内するというもの。

私たち講師側としては、
このミステリーツアーによって
こども達が自分達で考えた企画を実行し、
実行してみた結果を実感し、考察する。
また、考察したことを修学旅行の企画に生かすことを
ねらいとして実施しました。

 

この【ミステリーツアー】における、こども達のミッション
こどもゴコロを忘れてしまったおとな達がこどもゴコロを取り戻す!

ではでは、
ミッションを果たすために
『こどもが楽しいと思うことをやって
おとなのこどもゴコロを取り戻そう!』
・こども達が選んだアクティビティ
・こども達が企画する肝試し
の2本柱を、ミステリーツアーの活動とすることにしました。

しかし、しかし!活動だけではありません!(☆∀☆)ニヤリ
ミステリーなしかけは、ツアー以前に始まるのでした・・・

まず、しおりがミステリー。

 

 

 

はい、行先が書いてありません。ええ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、持ち物だって謎です。ええ。

 

 

 

 

 

 

行先にいたっては
そこの行先の”魅力”が書いてあるのです。
もはや、どこ!?レベルです(笑)
(魅力伝道師としての成果を発揮して
7月に開催したM-1グランプリ(魅力No.1グランプリ)で
優勝した6年生のしーちゃんの作品をそのまま使いました。)

 

 

 

ほぼ、暗号で書かれているこのしおり、
お母さん方も楽しんで解読され
無事、全員が開催地に辿り着き
総勢60名程での1泊2日サマーキャンプです。

 

それでは!
こども達が作成したしおりの
タイムスケジュールにのっとって
早速、Day1スタートです!

 

 

(タイムスケジュールすらも
え!?もはや何をするかすらわからない…と
いったかんじになる暗号ですけどね(笑))

 

 

 

 

 

 

広い部屋に全員が集まって
アクティビティが始まりました。
もちろん、進行役はこども達です。

最初は
恥ずかしくて
照れくさいのか、
若干硬い雰囲気だった
お母さん達も
アクティビティが
進むにつれて
楽しくなってきたようで
笑い声のボリュームも
がっつり大きくなってきて
本気で楽しみ始めたようでした。

 

番町皿屋敷というゲームでは
5人グループで輪になって
全員の手を皿にみたてて
1枚ずつ重ねていくゲームですが、
「うらめしや」の合図で順番が被った人は
思いっきり重なった手を叩くというもの。
ドキドキしながら
手を重ねていき、
今か、今か、とヒヤヒヤしながら
重ねた手を叩かれないように
「うらめしや」の合図を
聞き逃さないように注意をする様子や
「うらめしや」の瞬間に
慌てて手を引っ込める様子、
びっくりして「きゃー!」なんて
叫ぶ様子は、ホントにこどもの様でした。

 

また、
ウインクキラー(犯人は誰だ)というゲームでは
犯人役と共犯者役が、ご夫婦で選ばれ
(こどもの粋な計らいです(笑))
一般市民役の人達をバッタバッタと倒し
これまた、息ピッタリに勝ち残り
こどもゴコロを取り戻すだけではなく
夫婦円満に一役買っていたところもありました(。-∀-) ニヒ♪

 

 

アクティビティの後は
夜の肝試しに備えて
肝試しのルートを確認したり
自分達がどこで脅かすか
現地を見てまわりました。
(保護者役の大亮先生・・・
一番楽しそうで
こどもみたい(笑))

 

 

そして、お待ちかねのBBQ!
保護者の方々にも手伝って頂き
ちゃっちゃか、ちゃっちゃか
準備は進み、
こども達もお腹いっぱい食べ
後半戦の肝試しに備えていました。

 

お風呂を終えたこども達、
辺りが暗くなってくると
「もう肝試し?」と
聞いてきたり、
準備のために集まる部屋に
幼児達が入ってくると
「ここは小学生だけ」と
内容が漏れることを警戒していたりと
肝試しが楽しみで、保護者を驚かす気マンマンな様子が微笑ましいったら♪

 

肝試しが始まる直前まで
小道具を用意していたり
演出を考えていたりした
高学年女子ーズ。

スタート地点の部屋に
おとなが全員集まると
肝試しのガイダンスがあったり
怖い話を盛り込んでいたりと
自分達で考え、工夫している様子が頼もしかったです。


スタートすると
真っ暗な中で
テレビ中継が。

しかも
途中から
貞子さんからの
コメントもあり(笑)

「現場の貞子さ~ん!」って(笑)

コミカルに貞子さんに呼びかけするも、
伝えるコメントは
「お札を手に入れなければ
一生、お化けに追いかけられる」
というシュールな内容。

そんな内容の肝試しを
親達全員が体験し帰ってくると・・・

 

いや、むしろ、
ここからが肝試し本番。

 

実は、夕方BBQの準備と称して
親達は集まり、
親から子へ
『逆ドッキリ肝試し』を
仕掛ける用意をしていたのでした。

 

こども達全員が部屋に戻ってくると、
突然、真っ暗になり閉じ込められる…
こども達は、ワアー・キャー、パニック(笑)

真っ暗な中、ドアをバンバン叩く音、
なんだかミイラ男みたいな男が登場したり。

途中、すばしっこい3年生のゆーくんが
ちょろっと電気をつけたりという
ハプニングはありましたが、
逃げられるドアから逃げ出したこども達には
さらに、花火が始まるというサプライズも
ありました。

逃げ切って、目の前で花火する幼児達の姿を
目の前にしたときは、ほっとしたろうな(笑)
肝試し終了後に
「星がきれいだよ、星を見に行こうよ」
なんて言って、おとなを誘っていた
ロマンチストな2年生のゆーくん。

逆ドッキリ肝試しを仕掛けられた後は
「もう星があんまり綺麗じゃなくなった」と
プンスカ腹をたてていました(笑)

涙ぐんだせいで、星がにじんでみえちゃったのかな(笑)

 

そんな、おもしろゆーくん発言で
Day1は終了。

 

Day2へ続く。