こんにちは!こどもの学校のだいすけです。

夏休みも終盤に入り始業式が来週に迫る子もいる中、
30人前後で過ごすCNEサマースクールの終わりを彩るのは、

🎇こども縁日🎇

「材料の買出しには、小学1・2年生が行きます。」

という言葉に「大丈夫かよ!?」とおののく高学年の子たちを尻目にその横で歓声を上げる1・2年生。

買い忘れがないか、間違った物を買ってこないか、そもそもお金を落とさないか、

そんな不安や心配が止まない高学年の子たちは、いかに1・2年生が分かりやすい買い物メモを作るか試行錯誤しています。

そうそうこれこそ、「材料の買出しを1・2年生にお願いする理由」です。
毎年恒例のこども縁日を経験してきた高学年の子は当然、その準備にも慣れています。
だから、大概の準備は自分1人でできてしまうのです。それもラクに。

それはそれで頼もしく育つ彼らの成長が喜ばしくあるのですが、
これを機に「自分の考えを相手にとってわかりやすく伝える機会」にしようと考え、今回の活動を準備しました。

と同時に、普段は高学年の子に頼りがちな1・2年生が「主体的に感じ考え行動する機会」としようとも考えていました。

そうして、高学年の子達は、作った買い物メモを1・2年生に手渡し、近隣のFOREO博多へ出かける彼らを見送りました。

普段は好き勝手している子が、カゴが重くなるだろうからとカゴをカートに乗せ他の子を引き連れ品物探しに向かうリーダーシップを発揮していたり

日頃「どうしたらいい?」と相手に質問し自分で決めることをしない子が、必要な物が見つからず自ら進んで店員さんに尋ねていたり、

あまり自分の意見を言わない子が、リーダーシップを発揮する子の横で自分の意見を発言していたり、

その姿に各々が自分のリーダーシップを発揮しているなと思い、とても頼もしく感じました。

こうして「1・2年生の主体的に感じ考え行動する機会」という目的が達成されたなと、彼らの成長が嬉しかったです。

そのティッシュは本当にそんなにいるのかい?
その後自分達で思い直したのか、数が減っていました。

果汁100%リンゴジュースと頼まれていたのに、手にしたのは果汁1%ジュース。
その後果汁100%かどうか僕に確認しに来ました。

そんなこんなで無事?お買い物を済ませ、CNEへ帰ってきました。

1・2年生は高学年の子に何て言われるのかドキドキ、

一方の高学年の子も頼んだ物を買ってきたのか!?とドキドキ。


写真がブレるほどの早さで中身を確認する高学年女子。
そんなに心配だったのかい。


お母さんですか?
異年齢が通常のCNEではよく見る光景です。

一通り確認し、致命的な買い忘れがないことを知りホッとした様子の高学年の子たち。
1・2年生もひとまずは無事ミッションが完了したことにホッとし、嬉しそうな様子でした。

さて明日はいよいよ待ちに待った🎇こども縁日🎇

準備の今日から既に盛り上がりを見せているわけですが、明日はゲストも来校する予定だし、益々盛り上がるのでないか!?っと楽しみです。