こんにちは!こどもの学校スタッフの大亮です。

保育園や幼稚園の様に見えがちなPLAY JAMですが、その対象年齢は独歩可能な1歳半~中学生です。

 

そんなPLAY JAMへ週1回、放課後習い事コロたまとセットで登校している小学3年生のシバーは、皆のお兄ちゃんの様な頼れる存在です。

ある時にはシバー先生、またある時にはシバー兄ちゃんと、複数の顔を持つシバーですが、

勿論、小学3年生、楽しくなったら、子どもに戻ります。

 

PLAY JAMで最近流行中の雑巾レース-だるまさんがころんだver.をしている時のこと。

初めはシバー先生として音頭を取っていたものの「これは面白そう!」と興味が湧き、小学3年シバーに戻り、ちびっこの列に加わりました。

 

「お兄ちゃんなんだから!」、「もう小学生なんだから・・・」と個人や社会が作り出した枠を取り払う環境で、

時に頼りにされ、時に無邪気に過ごす子ども時代はどれほど豊かな時間でしょうか。

 

—————————————————————————————————————————-

ここまで読んで、何か気になる!ぜひ見学・体験したいさせたい!となっている方に朗報です!

こどもの学校体験会のお知らせ-11・12月

たくさんのお問い合わせお待ちしております☆