こんばんは!

冬だけどサマースクール2日目も怪我等なく無事に終えました!

 

昨日の夜、遅くまで起きていた人もたくさんいたので、朝起きれるのか心配でしたが、案の定の

f:id:kirohiy:20181202220813j:image

ぐったり。笑

 

二度寝したり、
f:id:kirohiy:20181202220801j:image

 

目だけはかろうじで開いていたり。笑
f:id:kirohiy:20181202220805j:image

 

声をかける前にいろいろと考えさせられることもありました。
f:id:kirohiy:20181202220809j:image

 

 

自分よりも大きくて重いお布団に苦戦。何度もたたみ直したり、友達と協力しながら片付けます。

f:id:kirohiy:20181202224939j:image
f:id:kirohiy:20181202224934j:image

 

特に寝袋は強敵だったみたいです。あの大きな寝袋を小さな袋の中に入れるのは至難の技!Hるとくんは三回自分で挑戦したけどうまくいかず、Iつきくんに助けを求めてなんとか成功!

 

1人でやるのもいいけど、協力しながら達成するのもなんだか嬉しいと気づいたみたいです。
f:id:kirohiy:20181202224942j:image

 

 

片付けが終わったら、朝ごはんの準備!

f:id:kirohiy:20181202230534j:image

f:id:kirohiy:20181202230539j:image
f:id:kirohiy:20181202230543j:image

味噌汁屋さんがみんなの分を注いでくれました。

f:id:kirohiy:20181202230531j:image

 

 

食後は、冬サマー最期の企画「モーニングパーティ」!!チームに分かれていくつかのゲームを行いました。

 

まずはじめは「プレゼントをお届け」二人組になって、お盆で球をパスしながらゴールのカゴまで運びます。

f:id:kirohiy:20181202231301j:image
f:id:kirohiy:20181202232543j:image

球がなかなかカゴに入らず、もどかしい!

意外と難しいんです。

 

 

ここでまた、事件がっ
f:id:kirohiy:20181202232539j:image

うまくパスすることができず、チームに貢献できない自分が嫌になり、Kすけくんが自分を責め始めました。

f:id:kirohiy:20181202233353j:image

なかなか復活しないKすけくん。。。はやくゲームを楽しみたい子たちの表情もだんだん曇ってきます。

 

そんな時、

「でもさー、やっぱり同じチームなんだしほっとけないよ。」

チームメイトから声がかかりました。

 

「Kすけ!顔を上げてごらん!同じチームの人たちは怒っているか?」

Dすけ先生が関わります。

「ううん、、」

「Kすけ!もう切り替えていいんだよ!誰もKすけのこと責めたりなんかしてないよ!」

 

心の中でたくさん葛藤しているように見えました。「え、本当にいいのかな」「そんなことが許されるのかな」

コロたまにも、参加してくれたどんぐりさんにも所属していないKすけにとっては、普段にはなかなか体験することのない関係だったのかもしれません。

 

そのあとも少し考えてから、すっとチームに入って行きました。

 

 

次のゲームは「えんとつのぼれ!」重なった紙コップを1つずつ上から下に移動させて、目印のコップが1番上まで来たら次の人に渡します。全員が終わったらクリア!

f:id:kirohiy:20181202232549j:image
f:id:kirohiy:20181202231256j:image

一見地味ですが、とっても盛り上がりました。特にRょうくんの追い上げは圧巻!とてつもないスピードで追い上げる姿を見て歓声が上がり、隣のチームは肝を冷やしていました。

 

最後は「トナカイの鼻息」風船を膨らませ、机の上に並べた紙コップを風船から出る鼻息で吹き飛ばします!全部落とすことができればクリア。
f:id:kirohiy:20181202232546j:image

 

ここで問題が発生。

 

 

なんと、

低学年ズ風船が膨らまない!!

 

風船を膨らますのって意外と力がいるんですよね!特に一番初め。大人でもなかなか苦戦することもあります。一年生たちにとってハードルが高かったみたい。これは盲点でした。

 

f:id:kirohiy:20181202231252j:image

 

風船を膨らませる練習をし、うまく膨らませられなかった人は空気入れを使ってゲームに参加しました。

 

 

 

ゲームを終え、片付けを済ませたら、もう帰る時間になっていました。名残惜しそうにしていたり、新しい友達ができて満足そうに帰っていく人。帰りたくなくて居座る人もいました。

 

 

 

2日間「みんなで楽しむ」がいろんなところにあるステキな時間を過ごせたね!

 

f:id:kirohiy:20181203002738j:image