こんにちは!PLAY JAMスタッフ大亮です。

 

以前からやりたいなと思っていた「クリスマスリースづくり」。

絵本「クリスマスに靴下を飾るわけ」を読み、クリスマス感を盛り上げたところで

クリスマスリースづくりを子ども達に発表し、早速製作に取りかかります。

すると、6歳のあーりーちゃんが

「ねぇ、折り紙使っていい?」

と準備されていない材料を使いたいと言ってきました。

与えられた材料だけでなく、自分が作りたい物を想像し、ワクワクした気持ちをそのままに、先生へ聞いてみようと考え、聞いてみた。

目には見えないけれど、あーりーちゃんの心の動きを思うと、自ら感じ考え行動するチカラが育っているなと感じました。

ここPLAY JAMは、自分の気持ちを感じ、感じた気持ちそのままに考え行動する場です。

その行動によって、誰かが困ることがあればその時、どうするか?を考え決めています。

そのプロセスで子ども達は、自分がどんな時にどんな気持ちになるのか、何に興味があって、何が好きで嫌いか、という様に自分のことを知っていくのです。

 

————————————————————————————————————————–

こどもの学校体験会のお知らせ-12月

たくさんのお問い合わせお待ちしております☆