こんにちは。
こどもの学校のゆってぃです。

 

今日は年長さんのるっちゃんが
朝からアイロンビーズを持ってきており、
年長さん同士で一緒に遊んでいました。

ティール教育実践校「PLAY JAM」は、持ってきてはいけないモノはありません。
どんな格好をしてきたって問題ありません。

かといって、好き勝手が許されているわけではありません。
自由なところではありますが=好き勝手にする場所ではないのです。

「ティール教育って何?」っという方は、
ティール組織と教育と子どもたちの未来について
「進化型(ティール)組織×教育 新しい教育が幕を開けました」 をご覧ください。

 

朝の会が始まる前に、全員で片付けを済ませ
午前の活動を終え、昼食も終わろうとしていた頃
事件は起こりました・・・

 

るっちゃんは
年長のお友達とカードゲームをしている傍らに
リュックを開けっぱなしにして置いていました。

そこからアイロンビーズの箱が顔を出しています。

気になったのか1歳児クラスのてんちゃんが
その箱を取り出し遊ぼうとしたところ
ザッパーンっとビーズが床に散り散りに散らばりました。

 

なぬっ!?という表情のるっちゃん。
大切なビーズで勝手に遊ばれたうえに
突然のことでビックリ!!
さらにはバラバラにされて腹がたち
1歳児クラスのてんちゃんを責め立てます。

そこへ、あさちゃん先生が寄り添うと
てんちゃんに対し腹が立っていた気持ちは落ち着き
大切にしていたはずのビーズを放置していた自分にも気づき、
そんな自分自身にがっかりしていた るっちゃん。

そして、みんなの協力を得てビーズを片付けることにしました。

ひとまず
それぞれが拾ったビーズを空き箱に入れ片付けることにし
空き箱を3つ、それぞれ少し離れた位置においていました。

 

 

だいたい拾い終えた頃・・・
年長児のあっちゃんとるっちゃんが
またまた対立してギャーギャー言い合っていました。

 

さてさて、一件落着も束の間このあとはどうなるのでしょうか?

 

見学・体験も随時受け付けております。

まずはお電話・メールよりお気軽にお問い合わせください。