PLAY  JAMで子どもたちと過ごしていると、一見何事もない日常のように見えるときでも「あれ?」と違和感の粒子のようなものが飛んでいるのが見えるときがあります。

すごーく小さな小さな粒子。簡単に見過ごしてしまいそうなほど些細で、それが当たり前と言われれば当たり前にも見える。

PLAY JAMの先生たちは、それを見逃さないんですね。いや、見過ごしてはいけない。

412028

私自身の話でいうと正直、違和感の粒子が見えてしまったとき一瞬「みえちゃった・・・」と、いやほんの1秒ほどですが後悔します(笑)でも、見過ごさす関わったら子どもたちの人生また一つ豊かになるんだってわかるから、この子たちが大人になってもっとたくさんの人と関わっていく光景を想像して、今私にできることはこれだってわかるから、エネルギーを注ぐんでしょうね。