No car.

No saving.

Living apart from my husband.

Raising 3 small children.

No friends.

Do you think I’m pitiful mother ??!!!

Well, I don’t have my own car, but I can always use the company’s car.

I have no savings and I make under 2 million yen a year, but I have a job I’m passionate about.

I and my husband lived together but we felt distant.
but now we live separately yet feel closer.

I was raising three small children by myself but I didn’t realize they were also helping me to mature as a mother.

I had friends to kill time with.
I din’t have friends to open up with, but now I have a group of like-minded folks pursuing our dreams.

I used to feel like a ‘have-not’.

Now, I feel like I HAVE IT ALL.

written by Naho Miyamoto


<貧乏な私は不幸デスカ?!>

私は車をもっていません。

私は貯金がありません。

私は旦那と離れて暮らしています。いわゆる別居ってやつです。

私は3人の小さな子どもを子育てしています。

私に友達はいません。

今の私は、こんな状況で暮らしています。

 

 

こんな私って”かわいそう”ですか?!

 

 

確かに車はありません。しかし、いつでも自由に使える社用車を手に入れました。

貯金はありません。そして年収は200万円以下です。しかし、情熱を向けられる仕事があります。

私と旦那が一緒に暮らしていたころは、隣にいても心は遠く離れているようで寂しく感じていました。
離れて暮らすようになってから、心の距離が近づき以前よりいろんな話をするようになりました。

3人の小さな子どもたちはとても手がかかり、私は一人で子育てしていると思っていました。今では、子どもたちが私を母として成長させてくれていることに気づきました。

暇をつぶす友達はいました。しかし、本当に心を開いて話ができる友達はいませんでした。今は、夢を実現するために共に歩む仲間がいます。

「あれもない。これもない。自分には何もない。」と思っていた不満足な昔の私。

今の私は、「こんなにも持っている」と、心がとても満たされています。

著 宮本 菜穂