Hello!水曜コロたまこどものための生活・文化担当の菜穂先生です。

今月は課外授業出発のため、〈エジプト〉をテーマに活動しています。

3週目は「エジプト象形文字ってなんだ?!」、象形文字を探ってみます。

 

エジプトの象形文字が書かれた本を見せると、蛇や鳥、人間や動物の絵がきれいな列になって書かれています。

絵文字には、私たちが使っている日本語の文字と同じように、意味を現す文字と、音だけを現す文字があり、これで、この絵はだれを描いた絵かかとか、何をしている絵かといった絵や彫刻の説明をしているそうですが、なにがかかれているのか…

わかりません。

私たちは絵文字から何が書かれているのか想像していきました。

「これって王様かな?王様は食べるもの、飲み物、ペットの動物、なんでもあったと思うから。」

「あ・い・し・て・る。」

あー、やっぱり入れておきたいよね。

今度は自分達でオリジナル象形文字をそれぞれ描きました。

暗号のようで皆ニヤニヤ楽しそう。

思いついた絵文字を描いていく子、象形文字に似せて描いていく子。皆で何を描いたかあてていきました。

さあ、いよいよ来週はエジプト展へ行きます。

展示されている中から象形文字を見つけて読み解くそうです。楽しみ!