こんにちは!コロたま火曜コースこどものための起業・経営担当のだいすけです。

前回、不満を不満と言い、不満の原因となっていた問題の解決策を考え、最後はやる気に火がついて終わったコロたまkids。

前々回に引き続き、僕の子ども達への愛は溢れ続けたあまり前回も2部構成となったブログは⬇️コチラ⬇️

放課後習い事コロたま火曜日コース〜納得いかない!そんな時もあるよね前編〜

放課後習い事コロたま火曜日コース〜納得いかない!そんな時もあるよね後編〜

 

今回は、イベント当日までのタイムリミットと当日の会場レイアウトについて社長・副社長から社員に共有するところから始まりました。

共有が終わると、今回のコロたまでやることを社長・副社長が説明します。

聞いているのか!?と心配になる態度ですが・・・。

しっかり話しを聞いていた社員達は、社長・副社長の話しが終わると今回のゴール「準備物リストが作り終わっている」に向けてテーブルを運び、鉛筆や消しゴムを用意し着席し始めました。

 

そうして、担当ブースごとに準備物リストを作っていきます。

出店ブースの1つ「宝すくい」担当チームでは、こんな面白い?会話がくり広がっていました。さりげなく出店ブースのご紹介です。

掬う物としてビー玉やスーパーボールを書いていたこちらのチームでは、お客さんが驚いて楽しめる物を入れよう!といった様子です。

はーちゃん「キラキラ光る物を入れたい!」

りょーちゃん「あたしは、大きいビーズを入れたい!」

じょじょくん「それより、生きたクモを入れたら面白くない?」

じょじょくんの発案に、えっ!?と驚いて固まるはーちゃんとりょーちゃんと話しを盗み聞きしていた僕。

そして、はーちゃん・りょーちゃんの反応に驚いて固まるじょじょくん。

しばしの沈黙・・・・

そこで僕は、

「じょじょくん、僕がお客さんだったらそれは本当に気持ち悪くて遊びたくないな。気持ち悪さで面白くしたいのならおもちゃんのクモやムカデという方法もあるよ。」と僕の感じている気持ちを伝えました。

「じゃあそうしよう」とじょじょくん。

そうしてこのチームの準備物リストの作成は着々と進んでいきました。

しかし、この時じょじょくんの気持ちや思いを確認していなかったことに後で気づき、自分の余裕がなくなる様な準備しかしていなかった自分に恥ずかしさを感じました。いやそれは準備と呼べないですね。

次回、挽回するために”準備”をして望みます。

 

次回は、近所のお店やインターネットで経費を安く抑えるための調査に出かけます。

さて安くいい物は見つかるのでしょうか?

 

次回の様子は⇩コチラ⇩

放課後習い事コロたま火曜日コース~値段はいくらかな?安く買えるお店を探すぞ!編~