教育方針

理念・方針

ママになったら始める習い事「親」のための勉強会

自ら感じ考え、行動し、自立する環境を創ります

Create a world where children learn to become leaders in their own life.

ママになったら始める習い事「親」のための勉強会|おやべんplus+

クラウドナイン・エデュケーションでは、子どもの生まれ持った「あるがまま」を受け入れ、ともに人生を楽しみ、子ども達の能力・関心に応じた自由な教育を行います。
ここでの活動を通して、学ぶ・生きる・愛する・貢献することをバランスよく育て、子どもたちの自立をサポートいたします。

CNE設立まで

人生に、育児に苦しんだ経験から、母親たちが集う法人を設立しました

今から13年前のスーパーでの出来事でした。私はいつものように大泣きする3歳の娘に耐え切れず、下の弟2人を連れ、娘を置いてその場を立ち去っていました。それをどれくらいの人たちが見ていたんだろう。私は自分の苦しさでいっぱいでした。そのとき、「あなた!大切な自分の子どもの手を離すなんて絶対にしてはいけないよ!」と、見知らぬおばさんが私を怒鳴りつけました。

手を離してはいけないことは分かっていたけれど、もうどうにもできない。これまでにもいろいろ試してみました。それでも私も子どもも満足するような結果になったことはありませんでした。「私だって辛いんです!」私はおばさんにこう叫び、娘と一緒に大泣きしたのでした。

育児に苦しんだ経験から、母親たちが集う法人を設立

大好きな子どもたち。だからこそ、こんな私がこの子たちの母親でいいのだろうか。なんでこんなにも頑張っているのに、いつも思うようにならないんだろう。なんで嬉しいはずの子育てがこんなにも辛いんだろう。なんで、なんで。何度も自分に問いかけました。

子育てから目をそむけるためにパートの仕事を決断。

好きなことを仕事にすれば、私自身が輝けば家族はうまくいく、と思った私は、子どもたちを保育園に預け、働き始めました。

好きなことを仕事にしていたので、仕事をしているときは本当に楽しかった。でも子ども達を園に迎えにいったり、わずかな時間で家事をすることに負担を感じ、イライラは子ども達や夫にぶつけ、より仕事に没頭するようになりました。

仕事に依存することで、人間関係がうまくいかなくなり、家庭でも職場でも苦しい、辛い思いをすることが増えていき、愚痴が増え、身体を壊していきました。

子育てから目をそむけるためにパートの仕事を決断

孤立、そして多くを失い、家庭に戻った。

私たち親は、子どもの世話の仕方を教えてもらうことはあっても、子どもたちの気持ちの扱い方を教えてもらうことはありません。ましてやそれぞれの人生に満足して生き、幸せになる方法は誰に教えてもらえるのでしょうか。ノウハウ本はたくさん出ているけれど、うちの子どもには、私の家族には当てはまらない。考えても悩んでも答えは出ず、子どもたちはどんどん成長していきます。本当にこのままでいいのだろうか。そんな思いがぐるぐるめぐり、出口を見失っていました。

孤立、そして多くを失い、家庭に戻った

そして家庭は家族みんなの充電器。その源は母親の存在と気づくまで多くの時間と信頼を失いました。
仕事を辞め、家庭に戻り、子ども達と夫と自分自身に向き合う日々を過ごしているうちに、ココロの底にあった私の気持ちに気づき始めたのです。

クラウドナイン=天に一番近い雲。至福。不安が少しでもなくなり、安心して子育てができる環境を創りたい!そんな想いが重なり、私は2011年に一般社団法人クラウドナイン・エデュケーションを創立しました。

自身の体験や知識を、悩みを抱える母親たちに伝える勉強会を開催

子どもたちがその子のもつ個性、能力を集団の中で最大限に生かす場所として、保育や小学生向けのスクール(※現在はこどもの学校)は法人立ち上げ前から運営していました。 しかし、子どもたち向けの活動だけではなく、子育てに悩み、どうしたらいいのか分からない母親たちの学びの場も同時に必要だと感じおとなの学校ができました。

苦しい人生から立ち上がり、自分のチカラで生きていくために、もう一度家族とは家庭とは何か知るために、私自身は人から、本から、体験からたくさん学んできました。資格はないけれど、たくさんの人と関わり、体験し、経験を積んできました。
また、理想とする教育環境を提供していくためには、志を同じとする仲間が必要でした。そのために新しく入ったスタッフと一緒に教育勉強会をはじめました。後にその勉強会は【未来の人財を育てる親のための勉強会※通称おやべん】となり、現在では福岡を中心に大分、佐賀、東京へと広がっていき、3年で参加者は延べ530名を超えました。

悩みを抱える母親たちに伝える勉強会を開催

眼には観えない「気持ち」を感じる力を育てるための「心をつなぐ人になる勉強会 Cü」がCNE教育方針のベースとなっています。

心にはたくさんの気持ちがあり、その気持ちを受け入れ行動することで、他者との関わりを広げ、深めていきます。

苦しくても、辛くても、ごまかさずに、その一瞬一瞬に気持ちに向き合い、自分のココロを感じられる「わたし」が育ち、その「わたし」が子どもたちと関わることで子ども達のココロも豊かに育つことができます。 

気持ちが満足していれば、詰め込み型の教育もムリなく、むしろスムーズに導入することもできるのです。またココロが動いて、気持ちを感じられる人は他者の気持ちやそれを表す行動を受け入れやすく、円滑なコミュニケーションを図ることができます。

CNEでは子どもも大人もうんとココロを動かし、自分の人生をたくさんの気持ちを感じながら、日々を丁寧に過ごし満足して生きる人を育てています。

代表理事 清水亜希子

一人一人が自分と向き合いながら、成長しあえる「おやべん」がCNE教育方針のベース

CNEの教育方針について

4つのQを育てる「クラウドナイン式関わり方」

CNEでは子ども達がどこにいても、誰といても、安心して成長するチカラを育てています。
そのため、おとなの学校・こどもの学校・CNEエデュケーションセンターでは4つのQを育てる「クラウドナイン式関わり方」を基に、「感じ、考えて、行動する環境」を創造し、自分や相手を大切に思い、関わることを日々実行しています。
家族が、学校が、社会が、それぞれの人にとって安心で大いにチャレンジできる場所であり、自分の人生を謳歌する場所となることを願っています。

「クラウドナイン式関わり方」IQ/EQ/PQ/SQ

CNE教育研修制度とは

クラウドナイン・エデュケーションでは4つのQを育てる「クラウドナイン式関わり方」を学び、生かす人財を育成しています。
Cü講師をはじめとし、各種講座講師の育成・先生、親、リーダーが体系的に学んでいます。

スタッフ研修の流れ
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。092-483-5353 メールでのお問い合わせ・資料請求はこちら
ページトップへ