受講者の声

活動することがゴールではなく、自分の個性や能力を知ってそれを活かす方法を学ぶ 金子美奈子さま

活動することがゴールではなく、自分の個性や能力を知ってそれを活かす方法を学ぶ

プレイジャム

4歳の娘は先天性の病気があって喉に孔を開けてチューブ(カニューレ)を入れ、睡眠時は人工呼吸器を喉に装着して日々暮らしています。
娘はカニューレから痰を電動式の吸引器で吸ったり、眠気や体調の悪さから呼吸機能が落ちる様子を見極めて人工呼吸器を装着したりする医療行為が必要です。医療行為は基本的に医師や看護師などの免許をもった医療従事者と患者家族しか行えないことになっていて、幼稚園などに預けたいと思っても親が時間をみて保育時間内に数回園に通うか、園内に常に待機している場合がほとんどです。娘も私の毎日の同行、教室待機を条件に公立幼稚園に通うことにほぼ決まっていましたが、ちょうどその頃PLAYJAMに運命的に出会いました。
PLAYJAMはなによりも、娘に会ってみたい、もっと知りたいと、娘を受け入れ歓迎してくださっているのが嬉しかった!そして私たちもきちんと学んでおきたいからと病気の症状や現状についても自発的に尋ねていただいたこと。「ボーダーレスな教育を目指す私たちにとって○○ちゃんに学ぶことはとても大きい」と言っていただけたこと。
どれも他ではなかなかかけていただけなかった言葉で、胸が震え涙したのを私は忘れません。
そして私たち家族は、公立の幼稚園をお断りしPLAYJAMにお世話になることを決めました。娘が安心してPLAYJAMへ通えるにはどうしたらいいか。PLAYJAMでも医療行為の必要なこどもが定期的に通うのは初めての経験でしたので、最初は私が教室内で付き添って週一回から通い始めました。その後、看護師でおやべん講師でもある先生がスタッフとして加入してくださる様にもなりました。カニューレが偶発的に抜けた時の事態に備えて先生全員に喉の孔にカニューレを入れる様子も実際に見ていただいたりもしました。
PLAYJAMに通い始めて8か月。娘は心も身体も飛躍的に成長し、通い始めたころは完全な独歩が難しかったのが今ではひとりで走り回り、気管切開で声が出にくく遅れていたことばも今噴水の用に吹き出しています。土曜日に不定期で開催されるわくわく自然教室などの野外活動にも参加し、8月に行われた野外キャンプでは他の子供たちと一緒にバンガローで人工呼吸器を装着して眠りました。
現状では看護師スタッフは毎日の勤務ではありません。
看護師スタッフがいない日は私は2階の部屋を借りて自由に過ごし、吸引などが必要な時だけ教室に降りていきます。
もちろん家事の時間や自分の時間ももっと欲しいという思いはありますが、それ以上に娘がPLAYJAMで得てくる経験に価値を感じています。
PLAYJAMはすべての生徒に個別教育プランを立てて活動していますが、療育のようにひとりひとりの子の能力に合わせてすべての子ができた!と満足するようにカバーするやり方ではありません。活動することがゴールではなく、自分の個性や能力を知ってそれを活かす方法を学びます。世の中にはうまくいかないことも山のようにあります。できなくて悔しい思いをすることもまた学びなのです。
将来の真の『自律』につながることをPLAYJAMで娘は今経験しています。娘の成長が今後も楽しみです。

「何をやるか」よりも「なぜやるか、なぜ何かを始めてみたいのか」 大津山佳代さま

「何をやるか」よりも「なぜやるか、なぜ何かを始めてみたいのか」

母のための起業入門講座

もともとは私はおやべんを受講してた時に、当時講師をされていたあっこ先生に「絵のお仕事をしたら」とオススメされていて、当時は上の子が3歳・下の子は1歳になったばかりで育児真っ最中。
妊娠・出産を期にイラストのお仕事や趣味も諦めて、自分の気持ちを偽ってでも10年後ぐらいに再開しようと思っていたので、あっこ先生に背中を押して頂けました。そして2年経って子供達も手が多少は手がかからなくなり、
「子供が小さくてもイラスト、漫画のお仕事がしたい!」

と、気持ちの変化が出て来年には下の子も幼稚園に入るのでお仕事準備を…とちょうど思っていた所でこの講座へと…あゆみ先生にお声をかけて頂きました。
そして前々から始めたかったブライダルコミックのお仕事も頂き、起業入門講座もスタート!

この起業講座では「何をやるか」よりも「なぜやるか、なぜ何かを始めてみたいのか」を重点に置いています。

私の場合は子育てで諦めた絵をまた描ける事が嬉しくて、頂けた漫画のお仕事の作業をするだけでもワクワク!
自分のやってみたい事とどんな気持ちになるかをテキストに書き出し、ビジョンはすぐに見えてきたと思います。
とにかく描きたい!
「とことん好きな事を仕事にして喜びと張りのある生活をする」これがブレなければ大丈夫!
ブレなければ大丈夫!あゆみ先生からそうおっしゃってくださって、自信とワクワクと胸が躍る感じで受講して行きました。
これからの私の気持ちや商品やコンセプトなども考えて行き、自分の強みを見つけ出したりとひとりでは気づかなかった事を気づかせてもらえました。受講するのが毎回毎回楽しみでした!
これからは子育てを楽しみながらブライダルコミック、似顔絵ウェルカムボード、出産育児コミックなどをお仕事にしてい行きたいと思います。

自分で生み出した心のアザを自分で消す治癒力が育つ講座 乙須裕子さま

自分で生み出した心のアザを自分で消す治癒力が育つ講座

上級講座

上級講座のレビューはとても難しい。
伝えようとすればするほど、伝わらないんじゃないかというもどかしさがあるから。
でも敢えて、例えて言うなら、
「自分で生み出した心のアザを自分で消す治癒力が育つ講座」だと思う。
生まれて出来た傷じゃなくて、生まれながらに持っているバースマーク。消せないと思いこんでいるバースマークでさえ、一つ、また一つ消され、そのうち自分で消すことができるようになる。

もちろん、その間にはドラマがある。
自分というものが露出され、やり過ごしたり、逃げ出したくなる。でもそれが結局は遠回りだと、嫌というほど思い知らされる。

「心を整える」とは、心が安心して彩られる状態を自ら作ること。
心を整えることで未来が鮮やかに縁取られ、自分の使命に気付く。残りの命の使い方を知ったとき、ただただ愛おしい自分に会える。

それが全部体験・実感できる講座です。

人の価値観をも広げて、自分自身の人生を楽しみたいと思ってます。 田中瑠里子さま

人の価値観をも広げて、自分自身の人生を楽しみたいと思ってます。

わたべん

小さい頃から「気が利くね」や「しっかり者やね」と言われることで満足感を得ていた私。友達や家族さえ、気を使って何かをしてあげないとわたしはここにいてはいけないって思ってた。
彼氏ができてもうまくいかず、こんなわたし変わりたいってばかり思って自己啓発の本とか読んだりしていた。
でも、想像もつかないし、何をしたらいいのかわからず、ただ読むだけ。
体調も崩し、薬でコントロールしないといけないほどにバランスも崩れてました。
そんなときに友達から〝わたしの勉強会〟があるから、一緒に行かない?って誘われて、半信半疑どんな内容か聞いたら、1番心揺らいだのが、《なりたいわたしになる》「そんなわたしになりたぁい??」って心から叫んでました。
その友達に後からなぜ私を誘ってくれたのか聞いたら、「心から変わりたいって叫びよったやん!!」ですって。まさか聞こえてるとは思わなかったですが、なかなか自分では気づけなかったのに、気づいて、誘ってくれて本当に感謝してます。
わたしの勉強会に参加して、人と関わることはもちろん今でも大好きですが、人に気を使ってばかりで疲れきっていたわたしが、自分の人生自分で生きる??ことを少しずつ実践でき、今ではやめれないって言われてた、薬も卒業できました??こんなにも心のままに動くことが、体調にも影響するとは思ってなかったから、はじめは、びっくりしました。
自分の気持ちや人の気持ちを感じて、言葉にすることで、わたしの心のままに言動できる。自然とストレスとかどこかに行っちゃいますよね。
これからもいろんな人と関わって、たくさんわたしのだけでなく、人の価値観をも広げて、自分自身の人生を楽しみたいと思ってます!!

こんなに穏やかな日々が過ごせるとは、受講前の私には考えられませんでした。 江崎智代 さま

こんなに穏やかな日々が過ごせるとは、受講前の私には考えられませんでした。

おやべん

おやべんを受講した時、息子は6歳でした。
子どもを産んでから、私は『母親』になり、
『母親』として子どもと接していました。
このことに、違和感も感じていませんでした。
苦しさは感じていても・・・
おやべんを受講して、私は子どもに対し『私』として
接していない事に気づき、
むしろ『私』として接して良いことを知り、涙があふれました。
私が苦しさを手放せたのは、おやべんのお陰です。

おやべん終了からしばらくして、わたべんを受講しました。
私にとっては、最良なタイミングでの受講で、
深い時間を共有した仲間と、自分の進む道に出会えました!

こんなに穏やかな日々が過ごせるとは、
おやべん受講前の私には考えられませんでした。
自分の行動を誉めたいです(笑)

真剣さに全方向からうそがないんです。 重田明子 さま

真剣さに全方向からうそがないんです。

プレイジャム

クラウドナインはちょっと遠い。
私は車の運転ができないので自転車での送り迎えです。
正直しんどい。
近所に保育園も幼稚園もあるのに
なぜクラウドナインを選んだか?

一言でいうならば

「うそがない」

この1点につきます。

ここでは
先生方が常に真剣にぶつかり合っています。
こどもにも
保護者にも
先生方同士も。

こどもに真剣にぶつかりあうところはあっても

先生方同士
保護者にも(笑)
というのは
なかなかないんじゃないでしょうか

真剣さに全方向からうそがないんです。

だから全幅の信頼をおいて
命より大事な娘を預け
今日も全力で仕事に向かえています。

これからも娘ともどもよろしくお願いします。

いわゆる“ママ起業家的HOW TO”を学ぶ場ではありません。 乙須裕子さま

いわゆる“ママ起業家的HOW TO”を学ぶ場ではありません。

戦略戦術
私は双子と年子の三児の母で、インテリアプロデューサー・英会話講師をしています。
双子が7か月の頃、小さい子供がいながらでもで何かしたい!同じような思いをしているママたちに向けて、何かできることはないかという、漠然としたミッションの元、2013年7月に起業。以来、英会話とインテリアの講座を営む教室を、ささやかに営んでいました。
自分の価値や強みがぼんやりしていて、講座のコンテンツや金額設定、見せ方に頭を悩ませていた去年の夏、未知の自分を発掘したい!自信をつけたい!という思いで、【お客様を大切に育てる、戦略・戦術勉強会】を受講しました。
この勉強会は、単純に自分の魅せ方や、集客の仕方などを教える、いわゆる“ママ起業家的HOW TO”を学ぶ場ではありません。
多角的な視点で自分・顧客を観察し、自分の強みを見出し、「自分にできることをやる」のではなく、「自分にしかできないもの」を全うすること、新しい価値を創造し心から満たされる事業を、心置きなく自由に満喫する起業家=【社会起業家】になる為に必要なことを、半年間かけて知り、実行し、機能して いくことを実感する勉強会です。
毎回、達成すれば目標を上げまた達成する。苦しみの先の喜びや気づきを、Liveで感じることができ、勉強会が終わって半年たった今もなお、自由に成長し続ける自分に、安心し、心から喜びを感じています。
そして、この勉強会で運命的に出会った仲間3人で、ほかのどこにもない事業を創るべく、㈱キュリアス・マインズを立ち上げます。
自分が、家族が、心のままに過ごせる「くらし」、そしてその「くらし」が生み出す、新しく自由で豊かなコミュニティの創造。この三人でできることは未知数。そのすべてに、残りの「いのち」を使うワクワクを、今味わっています。
いつの間にかお互いの問題がふっと消えていくように感じました。 高木朱里 さま

いつの間にかお互いの問題がふっと消えていくように感じました。

わたべん

『おやべん』を受講するうち、お母さんとしての『わたし』以前に個人としての『わたし』がとても多く問題を抱えていることに気が付きました。あっこ先生から『わたべん』のお誘いがあったときとっても嬉しくてすぐに申込みしました。わたしの問題に向き合うことでお母さんであるわたしの問題も解決が早まる!と思いました。実を言えば、おやべんで月一回講師の方とお話しするだけでなく、もっともっと気持ちの言葉で関わりを持ってもらえる場が欲しくなったのが本当の気持ちです。実生活で活かすことがまだまだできず、心を許せるほんの一部の人と恐る恐る試してみていた頃でした。気持ちの言葉でお話しできる場を多く持つことで癒されていたし、練習したかったんだと思います。
参加したメンバーは出会うべくして出会った仲間で、おやべんでは話せなかったことも共有しました。初めての講座では生まれてからこれまでの人生を振り返るワークをしました。それは自分のことを掘り下げているのに他のメンバーの経験や気持ちもリンクしてくる不思議な体験で、他のメンバーの気持ちに多く触れることでいつの間にかお互いの問題がふっと消えていくように感じました。

そして、受講中にメンバーにどんどん素敵な変化が起こりました・・・

お客様と出会い、関わっていけることが楽しみです。 安元まことさま

お客様と出会い、関わっていけることが楽しみです。

戦略戦術

「一人でも稼いで生きていけるようにね」と母に言われていたことを、一人前の職人になれ、だと勝手に解釈して、頑張って庭の仕事で修行をしてきました。結婚するまで自分で仕事もしていたけれど、なんだか自信が持てず、家族ともうまくいかない時に、おやべんに出会い、その受講中に、お客様を大切に育てる戦略戦術勉強会に参加しました。
こんな自分が仕事を引き受けていいものか、誰かと比べてダメだと判断し、いったい何のために仕事しているのか、お金を稼ぐ以外にわかりませんでした。
そして、お金を頂くことも、仕事はこうあるべき、するべき、というやり方に沿っていかないといけないと感じていたし、辛く厳しくて当たり前だと思っていたのでとても苦しかったです。
また、できたものやサービスを売ることだけが事業だと思い込んでいたので、エネルギーが奪われていくようで、やりたくありませんでした。
子どもの頃から、わたしらしさ、を発揮すると何だか迷惑をかけている様で、本当はやりたいのに、母としては子どもが育ってからとか、もっとこんな資格を取ってからとか、様々な条件を付けていました。
私の中に事業があり、わたしだからやれること、感じることがあるとわかると、自分の中を旅しているようで、ワクワクしてきました。
仕事とは自分と社会を繋ぐもので、自分を表現する場で、仕事を通して社会に貢献できると知りました。
そんな、わたし、という人がどんな個性で、何が強みで、何を望んで生きているかは人と関わる中で、自分で感じてみようとすることで、やっぱりそうだ!と確認したり、そうだったんだ!と見つけたりしました。
それは、実験の様で行動するたびに、時には怖いと感じたり、ドキドキしたり、嬉しかったり、悔しかったり、たくさんの気持ちを感じることから始まり、心から望むことにたどり着く度に、深い喜びを感じ、わたしらしさを自分が実感する毎日です。
今は、子どもの成長にも関わり、家族も安心して過ごし、仕事をする環境を日々作り出すこと、植物や人との関わりを通して、お客様のその人らしく生きていくお手伝いをする事業を始めました。
来春には、この勉強会で出会った建築士、インテリアコーディネーターの仲間と株式会社 キュリアス マインズを立ちあげます。生きる基盤となる生活の環境を、大切に整えていくことを通して、自らの人生を満足して生きていく人や、家族と過ごす時間が安心して心ときめくものになることを願って庭だけでなく、お客様と出会い、関わっていけることが楽しみです。

保育園でもPJ、家でも安心して見守れるようになってきました! 矢部優香 さま

保育園でもPJ、家でも安心して見守れるようになってきました!

プレイジャム

怒りも喜びも、暴れる・叩くという分かりにくい表現をするので保育園では、誤解される事が多かった息子。
PJに通い、一つ一つ問題と向き合い自分の気持ちを分かりやすく伝えることを学んでいき落ち着いて過ごす時間も増え、保育園でもPJ、家でも安心して見守れるようになってきました!
彼が持ってる力を発揮出来る場面も増えてきて自信へと繋がってるようで、これからの成長も楽しみです♪

言葉にならない気持ちに心がとても動かされてたくさん泣きました! 高木朱里さま

言葉にならない気持ちに心がとても動かされてたくさん泣きました!

おやべん

『おやべん』のことを知り合いから聞いたのは2013年に出産後職場復帰した時。初めは今まで出会ったどんな人とも違うアプローチを子供にしているのを見て驚いたのを覚えています。その時は何が違うのか全く理解できずにいましたが、不思議と言葉が話せない娘の目がキラっと輝いたので、何かあるな・・・と思っていました。
その後仕事に慣れてきて責任も大きくなる中、2歳を迎えた娘とのコミュニケーションがうまくいかずにイライラする日が続きました。とうとう連日のように娘が泣き喚き私が怒鳴りまくるようになり、私の体調も悪くなっていきます。家庭が暗い雰囲気になっているのに私はもう自分のことしか見えなくなっていました。
そんなときに藁をもすがる思いで冒頭でご紹介した、娘と不思議な方法でコミュニケーションを取っていた方にカウンセリングをして頂き、改めて『おやべん』に誘っていただく事になりました。
初めて参加した日『どんな母親になりたいのか?いいお母さんってどんなお母さん?』というお題をグループでシェアした時、たったそれだけのことで涙があふれて止まりませんでした。そんなこと、いつも考えているようでいて、実は本当の自分の気持ちに向き合っていなかったことにまず気が付きました。そして、たくさんのトラワレがあることを知りました。涙があふれてきたのは悲しいのではなく、今思うと『愛しい』気持ちだったのかな??一生懸命頑張っていた自分が『愛し』かった。私が娘にしたのと同じように私を育てた母のやり方が気に入らなかったのに、でもやはり大好きだった母への『愛しさ』とか。言葉にならない気持ちに心がとても動かされてたくさん泣きました!あ、もちろん母への恨み辛みにも気が付いて『憎い~憎い~』っていうのもあったと思うけど・・・

その後、あの私を驚かせた、娘の目を輝かせたコミュニケーションについて詳しく学んでいきました。

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。092-483-5353 メールでのお問い合わせ・資料請求はこちら
ページトップへ